2020年04月20日

イベント

第1回情勢分析報告会(開催時間、開催方法が変更となりました)

テーマ及び講演者

報告演題:「激化する地中海の天然ガス開発競争」
報告者: 小林 周 当センター 研究員

報告演題:「ハイサム国王時代を迎えたオマーンの安定性」
報告者: 堀拔 功二 当センター 主任研究員

日時

2020年5月21日(木)14:00~16:00

場所

オンライン開催(ZOOMウェビナー)(開催方法が変更となりました。)
経団連会館での開催はございませんのでご注意下さい。


拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、2020年度第1回情勢分析報告会では、まず前半で、当センター研究員の小林周より「激化する地中海の天然ガス開発競争」と題してご報告致します。エジプトやイスラエルでの大規模ガス田開発が進む中、2019年11月にトルコがリビアと地中海を分断する海洋境界合意を結び、緊張が高まりました。本報告では、地中海東部の天然ガス開発をめぐって複雑化する域内諸国の政治関係を整理し、今後の展望を分析します。

 そして後半におきましては、当センター主任研究員の堀拔功二より「ハイサム国王時代を迎えたオマーンの安定性」と題してご報告致します。オマーンでは50年間続いたカーブース国王体制が2020年1月に幕を閉じ、ハイサム新国王体制が始まりました。しかし、オマーンを取り巻く環境は厳しく、米・イラン対立激化による地域情勢の悪化に加え、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大や油価下落など課題が山積しています。本報告では新国王体制が対応するべき課題を検討し、その安定性について評価します。

 ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようご案内申し上げます。ご出席の方は弊センターウェブサイト(https://jime.ieej.or.jp/event_detail.php?event_info__id=84)、またはメール(webinar@jime.ieej.or.jp、webmaster@jime.ieej.or.jp)にて2020年5月14日(木)までにお申し込み下さい。

                            敬具

募集開始日時

2020年04月20日

申し込み締め切り

2020年05月17日

定員

200名

備考

※新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、今後の状況によりましては延期などの可能性もございます。その際は弊センターウェブサイトに掲載致しますので、ご確認下さいますよう、宜しくお願い申し上げます(https://jime.ieej.or.jp/event_detail.php?event_info__id=84)。
このイベントは会員様限定です。

会員様お申し込みはこちら