掲載日:2021年11月01日

中東研ニューズリポート

イランに対するサイバー攻撃が激化

こちらの資料は準会員以上の限定となっております。

 10月26日にイラン各地で発生したガソリン供給システムの障害は、「イスラエルと米国、およびそのエージェント」によるサイバー攻撃によるものであった、と、10月30日、イランの消極防衛庁のジャラーリー長官(革命防衛隊准将)は発表した。同准将によれば、2021年7月に発生した鉄道システムの障害も、2020年5月に発生したシャヒード・ラジャーイー港のシステム障害も、いずれも「米国およびイスラエル」の手によるものであり、今回の攻撃もその延長線上に位置付けられる。・・・

執筆者

坂梨 祥

URL