掲載日:2021年04月27日

中東研ニューズリポート

トルコ:バイデン米大統領がアルメニア人殺害を「ジェノサイド」に認定

こちらの資料は準会員以上の限定となっております。

 バイデン米大統領は4月24日、オスマン帝国末期の1915年に発生したアルメニア人の大量殺害を「ジェノサイド(集団虐殺)」と認める声明を発表した。アルメニア人をめぐるこの問題について、トルコ側は数十万人のアルメニア人が第1次世界大戦中に犠牲となったことは認めつつも、アルメニア側が主張する犠牲者150万人は誇張であり、1915年の事件は意図的な大量殺戮ではなかったと主張しており、バイデン大統領の声明に強く反発した。・・・

執筆者

柿崎 正樹

地域・テーマ

トルコ

URL