掲載日:2021年04月26日

中東研ニューズリポート

イラン:イスラエルによる攻撃が継続

こちらの資料は準会員以上の限定となっております。

 4月24日、シリア沖で石油タンカーが攻撃を受け火災が発生し、乗組員2名を含む3名が死亡したと報じられた事件について、その詳細が徐々に明らかになってきた。
 様々な報道によれば、攻撃を受けたタンカーは「Wisdom」という名のパナマ籍の船舶であり、船主はレバノンとされている。Wisdomはシリアのバニヤス製油所の沖合において、イランの大型タンカー(VLCC)「Arman 114」が運搬してきたイラン産原油の荷下ろしに関わっていたという。・・・

執筆者

坂梨 祥

地域・テーマ

イラン

URL