渡邊 駿(わたなべ しゅん)

専門研究員

専門分野・担当国

ヨルダンを中心とする東アラブ諸国、及びオマーン、クウェート等アラブ君主制諸国の現代政治、安全保障の研究

紹介

大学在学中の2011年にアラブ世界を席巻した政変の嵐、通称「アラブの春」をきっかけに、中東政治に関心を持つようになりました。その中で、なぜアラブ君主制諸国は体制を保っているのか、という点に興味を持ち、ヨルダンを主要な研究対象事例としながら、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程にて研究を行いました。大学院修了後、2018~20年には、笹川平和財団のフェローとして英国オックスフォード大学にて客員研究員を務め、現代ヨルダン政治に関する更なる調査・研究を行いました。これまでに、部族政治、クライエンテリズム、社会保障政策、イスラームと君主制、中央地方関係といったトピックから現代ヨルダン政治・アラブ君主制論に取り組んでいます。

その後、2021年4月に日本エネルギー経済研究所に入所し、ヨルダンのほか、周辺アラブ諸国、およびオマーン・クウェートといった湾岸の君主制の政治・外交に関する情勢分析を行っています。中東政治について、より解像度の高い情報発信を目指してまいります。

主要論文として、「現代における君主制とそのグローバルな類型化をめぐる政治学的考察——アラブ君主制国家群とその系譜的正統性の解析へ向けて」(『イスラーム世界研究』 第11巻, pp.256-303, 2018年3月)、“Challenges for National Dialogue in the Post-Arab Spring Era: The Case of Bahrain”(Journal of the Asia-Japan Research Institute of Ritsumeikan University, 1, July 2019, pp.56-72)があります。また、単書『現代アラブ君主制の支配ネットワークと資源分配−−非産油国ヨルダンの模索−−』を2022年に出版予定です。そのほか、国内外の学会やセミナーで研究発表を行っています。教育歴としては、2020年に立命館大学でイスラーム世界に関する講義を受け持ったほか、2021年には同志社大学、愛知県立大学にてイスラーム文化、中東政治に関する講義を担当する予定です(すべて非常勤)。

2013年東京大学法学部卒業、2018年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了。博士(地域研究)。