2017年06月05日

イベント

平成29年度第2回特別会員限定・情勢分析報告会

テーマ及び講演者

「対カタル断交をめぐるGCC諸国の動き」
堀拔 功二 研究員  冒頭報告
近藤 重人 研究員  周辺国の動き
永田 安彦 研究主幹 経済的影響
田中 浩一郎 センター長 地域安全保障

日時

6月8日(木)午前11時~12時30分

場所

日本エネルギー経済研究所 11階大会議室
地図はこちら
■2017年度第2回特別会員限定・情勢分析報告会
 「対カタル断交をめぐるGCC諸国の動き」のご案内

会員各位

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

 さて、トランプ米大統領の中東歴訪から日も浅い6月5日、湾岸
協力会議(GCC)の一構成国であるカタルに対し、サウジアラビア、
バハレーン、UAEにエジプトを加えた4カ国が国交断絶を通告し、
事実上の経済関係の停止を発表いたしました。このところタミー
ム・カタル首長の地域情勢やテロ支援に関する発言を契機として、
周辺国のメディアを通じたカタル批判が続いていましたが、断交と
いう極端な措置の採用によって、湾岸諸国間の関係は大きな転機を
迎えたと言えます。

このように急な展開を見せる情勢を踏まえ、弊所中東研究センター
では6月8日(木)午前に特別会員限定の第2回特別情勢分析報告
会を開催することを決定いたしました。カタルをはじめとする当事
国の動きの他、現況が経済情勢に及ぼす影響などについて整理し、
弊所の研究員による討論を行う予定であります。

ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようご案内申し上げます。
ご出席の方は弊センターウェブサイト
http://jime.ieej.or.jp/event_detail.php?event_info__id=37
または
ファックス(03-5547-0229)より6月7日(水)17:30までに
お申し込み下さい。

日時 6月8日(木)午前11時~12時30分
会場 日本エネルギー経済研究所 11階大会議室
     東京都中央区勝どき1-13-1 イヌイビル・カチドキ 
      (東京メトロ「勝どき」駅下車、徒歩4分)
       地図はこちら↓
       http://jime.ieej.or.jp/about/business.html

報告・討論者(報告順)
   堀拔 功二 研究員  冒頭報告(断交の背景と経緯)
   近藤 重人 研究員  周辺国の動き
   永田 安彦 研究主幹 経済的影響
   田中 浩一郎 センター長 地域安全保障
司会
   坂梨 祥 研究主幹

◆お申込み方法:
 弊センターウェブサイト 
 http://jime.ieej.or.jp/event_detail.php?event_info__id=37
 または、ファックス( 03-5547-0229 ) にてお申し込み下さい。

※ お申し込み期限: 6月7日(水)17:30

◆お問合せ:一般財団法人日本エネルギー経済研究所 中東研究センター 
      佐藤、岡 

募集開始日時

2017年06月05日

申し込み締め切り

2017年06月07日

料金

特別会員: 無料
普通会員・準会員: 10,000円

定員

80名
このイベントは会員様限定です。

会員様お申し込みはこちら