2017年02月15日

イベント

第8回情勢分析報告会

テーマ及び講演者

「クルドの時代」
勝又 郁子 ジャーナリスト
当センター 外部研究員
「イラク・クルディスタン独立の障害は何か」
吉岡 明子
当センター 主任研究員

日時

2017年3月28日(火)10:00~12:00

場所

経団連会館 4階 ダイアモンドルーム
(千代田区大手町1-3-2 Tel:03-6741-0222)
地図はこちら
 拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

 さて、平成28年度第8回情勢分析報告会では、まず前半で、ジャーナリストの勝又郁子様より「クルドの時代」と題してご報告頂きます。求心力を失い、歴史的な役割を終えたかにみえたPKKがシリアの混乱とともに息を吹き返し、イラクではクルド独立が議論されています。地域諸国や米ロの思惑と戦略が交錯する国境地帯で既存の秩序に抗うクルドの動きにスポットを当てて頂きます。

 そして後半におきましては、当センター主任研究員の吉岡明子より、「イラク・クルディスタン独立の障害は何か」と題してご報告致します。2014年のモスル陥落後、イラクではクルディスタンの独立問題が話題になり始めました。しかしながら、果たしてクルドの独立という選択肢はどの程度現実的なのか、具体的にイラクで独立問題が協議されるようになれば何が問題となるのか、クルディスタンの内政からイラクとの関係、周辺国との思惑まで多角的に検討致します。

 ご多忙中とは存じますが、何卒ご出席賜りますようご案内申し上げます。ご出席の方は弊センターウェブサイト(http://jime.ieej.or.jp/seminar/jousei.php)、またはファックス(03-5547-0229)より3月21日(火)までにお申し込み下さい。

 なお、詳細に変更がございました場合は本ページに掲載致しますので、ご確認下さいますよう宜しくお願い致します。

募集開始日時

2017年02月15日

申し込み締め切り

2017年03月21日

料金

特別会員: 無料
普通会員・準会員: 無料
非会員: 5,000円

定員

100名

会員様お申し込みはこちら  非会員様お申し込みはこちら